「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

「あとでやります」は、あとでやったとしてもなんかムカつく

前の後輩は10歳年上だった。コイツは口が多いが、行動量が非常に少ない。高杉晋作の逆バージョンみたいな奴だった。もちろん仕事はできない。

 

この後輩の口癖が「あとでやります」だった。で、あとできちんとするのだが、言われるたび、腹立つのだ。あとでやってんだから、いいハズなんだけどね。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180808181427j:plain

 

すぐやらない人は嫌われる

 

「あとでやります」に腹を立てている人はボクだけじゃないハズだ。

 

後輩に「あとでやります」と言われるたび、ボクは「そうですか…」と言って何も言わなかったが、多くの人はこう言うだろう。

 

「今やれ!」と。

「やらない」と言っているワケではない。「やる」と言っている。順番が後に回されるだけだ。

 

別に今すぐやる必要があるものではない。あとでやっても問題ないものでも、あとに回す行為は嫌われる。

 

これは何故かと考えてみるに

「先輩の命令を後に回したから(それほど大事だと思われていない)」

「言われたことをすぐしないのは社会人としてダメ」

だからだと思う。

 

どちらにせよ「命令した方の都合」なのである。

勝手に命令して、勝手にブチ切れているのである。なんと自分勝手な先輩。ってボクはブチ切れてはないが、腹は立てていたのである。反省しなければ…。

 

それは本当に今すぐしないといけないことなのか?

 

「今すぐやれっ!!」と怒鳴った時、後輩に

「なんで今すぐやらないといけないんですか?後でもまったく問題ないでしょう?」

と、返されたらどうだろうか。

 

「そ、そ、そりゃ、お前!先輩の言うことは黙って聞くものだっ!!」ぐらいの情けない返答しかできないようであれば、それは後輩が正しいのである。

 

仕事の優先順位をつけるのは本人の勝手であり、先輩であろうと、それを強制的に変えるのは許されないこと。

これを実感したボクの体験がある。

 

ボクは店舗勤務の時、急ぎの包装を一生懸命していた。忙しいのに社長は二階からボクにこう叫んだ。

 

「オイ!ストーブに灯油入れてくれ!」

 

ホント何もできない社長なのである。少なくなっただけでまだ切れることもないし、しかも急ぎの包装があるので、「すみません、急ぎの仕事があるので、あとでやります」と言った。

 

すると社長が下りてきて、椅子に座ってボクを待っている。タバコをプカプカ吸いまいくり、貧乏ゆすりをし、かなりイライラした様子だった。

普段は地蔵のごとくテレビの前で微動だにしないのだが、こういう時は動きが早い。

 

で、イライラが頂点に達したらしい社長はこんなことを言った。

「オイ!頼むから灯油入れてくれ!気になってしゃあないねん!」

 

ボクは包装の手を止め、しぶしぶ灯油を入れにいった。まだ4分の1はあった。2時間は持つだろう。今すぐ入れる必要は全くない。

 

社長は“今すぐ”言うことを聞かない奴が大嫌いなのだ。

「社長として当たり前じゃないか」と思うかもしれないが、この例を見てもらったらわかるように、この社長の性格のせいでお客さんにもボクにも多大な迷惑をかけている。

 

時と場合を考えて臨機応変に対応してくれたらいいのだが、この「今すぐ行動しないと怒る」人は結構そういう事ができない。

自分の性格、感情に流されて、「あとでやる」人を糾弾するのである。そして迷惑をかける。

 

少し極端な例ではあったけど、「命令したことを“今すぐ”させる」という行為は、本当の急ぎでない限り、強制するべきではないとボクは思う。

これが論理的に考える、ということなのだろう。でもボクを含め、多くの社会人はできないんだよねえ。意外と。

 

さいごに

 

「あとでやります」書いてても腹立つもんね。ボクもまだまだ修行不足です。