「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

メモは覚えるためにするのではない。忘れるためにするのだ。

メモ取ってますかーー!

メモは大事です。ボクは取り過ぎて怒られたけど、 

www.kiyo-hiko.net

 

取らないよりは取るほうがいい。これは怒る方が悪い。

 

「メモは物事を覚えるためにするもの」

と思われがちだが、実は違う。

「忘れるためにするもの」なのである。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180808181223j:plain

買い物のメモをしない子供の悲劇

 

『はじめてのおつかい』という子供がおつかいに行く番組がある。

そこでお母さんに買うものを言われるのだが、メモをしないで行くことが多い。

「メモしない方が忘れたりして面白い」番組側の意向はともかく、この状態だと、子供は「買うべきもの」で頭が一杯になる。「りんご、きゅうり、トマト…」と延々リピートしながら歩いている子供もいるぐらいだ。

 

で、何かトラブルに見舞われることがある。スタッフ側がすりゃ、「よっしゃおいしい展開になってきた。取れ高取れ高♪」と喜ぶところだが、子供にとっては悲劇だ。

 

「りんご、きゅうり、トマト…」を忘れないようにするため、そのことで頭が一杯になっている子供は、他のことに注意が回らない。

f:id:kiyokiyo-1107:20180810120715j:plain

知らないオッサンに話しかけられても、「知らない人に声をかけられてもついて行ってはいけません」というルールすら飛んでしまう。

 

中には車に気が付かない子供も出てくるだろう。「忘れてはいけないこと」に支配されてしまうと、他のことが散漫になってしまう。これは良くない。

 

子供がメモをしていた場合

 

子供がメモをしていたら、どうなるだろう。メモさえしておけば「りんご、きゅうり、トマト…」といちいち覚えている必要はない。

そのことで頭が一杯になることもない。注意力散漫にならず、車にも、知らないオッサンにも、突如襲ってきた気球外生命体にも、ゾンビになった途端動きが機敏になった近所のおばあちゃんでも、問題なく対処できるようになる。

f:id:kiyokiyo-1107:20180810120738j:plain

これがメモの力なのである。「覚えるべきもの」をメモに託すことによって、自分は注意力散漫にならずに済むし、新たな考えを生み出すこともできる。

 

メモは「覚えるべきもの」を忘れるためにあるのだ。

 

どんどん書いて忘れよう

 

「あそこからあそこまで159cm」

 

仕事で必要な計測。こんなこと記憶していたって、何の役にも立たない。

 

前の先輩はメモを取らず、運転中も心ここにあらずで、「ふん…ああそう…」みたいな返事しかしないことが多々あった。

余計な情報を忘れないようにと、注意力がそちらばかりに行ってしまっているからだ。

 

事故りかけた挙句、店に着くと数字を忘れる、というどうしようもない状態になっていた。ボクが黙ってメモしていたから良かったものの。

 

仕事中は色々考える必要がある。新たなアイデアも見つけないといけないし。そういう時、脳にゆとりがないと何も出てこない。「覚えるべきもの」やら「感情」やら、で頭がゴチャゴチャだからだ。

 

そんなゴチャゴチャした頭をスッキリさせるためにも、メモを取る。すべて紙に情報を落としていく。するとスッキリする。「自分の感情を紙に書きましょう」と言われるのは、こういう効果があるからだと思う。

80scompspiralnotebooks6

人の話を聞いている時、何もメモをしない、というのは聞いたことを忘れる危険もあるし、会話に全集中できない。「良い事を聞いたぞ。忘れないようにしよう」と無意識で思っていることに気を取られる。

 

だからボクは仕事中に一生懸命メモ取ってたんだよ。「覚えるべきもの」をすべてメモに落として、新たな考えとか、アイデアとか提案できるように。取り過ぎてめっちゃ怒られたけどね。

さあ、どんどん書いてどんどん忘れましょう。

 

さいごにひとこと

 

パソコンで言うと、閲覧した情報が勝手に保存されていく感じ。メモという外部HDDに落として行かないと、すぐにパンパンになり、動作もおそくなる。みたいなイメージか。