「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

「あなたのためなんです!」こんな建て前を信じると痛い目に合う

ボクは正社員をしていた時、色々な集まりに参加していた。コミュ力を鍛えるためでもあったが、主な理由は可愛い女の子と出会いたい。是非…出会いたい……。ということだった。

 

そんな不純な動機のボクにも、ニコニコとあちらから話をしてくれる人も沢山いた。

「女の子と出会いたい…」そんな淡い希望を満たすような出来事は起こらなかった。でも常々「自分はクソだ。明日腹を切ろう…」と思っていたボクにとっては向こうから話かけてくれる、というのはすごくうれしい体験だった。

 

しかし、その嬉しさはすぐに消え失せる。あちらから寄ってくる奴はすべて「自分の金のため」だったからだ。

 

建前を言う営業マン

 

向こうから寄ってくる人のほとんどが、甘い言葉を吐きかけてくる

 

「あなたを幸せにしたいんです。一緒に幸せになりましょう」

「友達になりたいです。今度ちょっとお茶でもしましょう」

「あなたのためになります」

集まりではこのようなことをよく言われる。”男”に。

 

出会ったばかりの冴えない男を「幸せにしたい」って、ありえないだろ。マザー・テレサか。お前は。

 

でも当時のボクは仕事で病みかけており、そんな甘い言葉に疑いを持つ余裕はなかった。まんまと2人でご飯に行ったり、お茶を飲みに行ったり。

 

最初は楽しくおしゃべりするのだが、最後は結局、コレだ。「アムウェイって知ってる?」

知ってる。めっちゃ知ってる。こうやってご飯とかカフェに誘って、商品を買わすのも知ってる。

 

「普通に商品として、市販のものより良いから」

「とりあえず、やってみたらいいんだよ。イヤならやめたらいいだけ」

そうやって誘うのも知ってる。レッツチャレンジ!的なノリで誘うのも知ってる。全部知ってる。

 

こういうパターンもある。「セミナー行きません?」「ビットコインで儲けたくないですか?」

 

「あなたのため」「友達になりたい」とか言って、結局自分の金のためなのだ。

 

 

営業マンも基本的に信用しちゃいけない

 

綺麗な建て前を武器に、あちらからニコニコと寄ってくる人は何もカフェ会などの集まりだけではない。普通に生活をしていても、寄ってくる人間がいる。そう、営業マンである。

 

ボクも営業をしていたから、よくわかるが、この人たちの甘い言葉は信じちゃいけない。

「あなたのためになります!」

「あなたの健康を思って」

建て前ですから。自分の商品を売るため、自分の成績を残すためのウソですから。

当たり前の話なのだが、意外と信じちゃう人が多い。

 

ウチのじいちゃんも「あの営業マンはワシの健康を第一に考えてくれている!!」毎月10万分くらいのクスリを買っていた。

その後すぐにじいちゃんは肺に穴が開いて死んだのだが、クスリのせいもあるのではないかと最近は思っている。

クスリって副作用があるから、そんなバシバシ飲んだら逆に体を悪くするだけだと思うんだが。なんかあったら責任取れんのか、その営業マンは。

 

ウチのオカンも「あの営業マンすごく私のこと考えてくれてる」と言いつつ、ワケのわからん健康食品を買っていた。健康器具も買ってた。あと高い水も買ってた。全部すぐやめた。ウチの家計はどれだけ営業マンに貢いでんだよ。

 

昔、薬害エイズ事件ってのがあった。

薬害エイズ事件(やくがいエイズじけん)とは、1980年代に、主に血友病患者に対し、加熱などでウイルスを不活性化しなかった血液凝固因子製剤(非加熱製剤)を治療に使用したことにより、多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件である。非加熱製剤によるHIV感染の薬害被害は世界的に起こったが、日本では全血友病患者の約4割にあたる1800人がHIVに感染し、うち約600人以上がすでに死亡しているといわれる。

薬害エイズ事件 - Wikipedia

 

自分の会社の儲けや成績のためなら、人の健康なんてどうでもいい。死んだっていい。これはかなり極端な例だけど、売り上げがすべての会社員にはこのような人も中にはいるってことだ。

 

営業マンがニコニコと近づいてくる理由は、「売り上げのため」。それだけ。あなたを幸せにするためじゃない。

 

「売り上げのため」を隠し、あなたのため」とお客さんに思わせることが、営業マンの本当の仕事である。

 

 ↑多くの人にとって、これが本音。

 

社会は建て前で動いている

 

皆が「金のためにあなたに話かけています」とか言い出すと社会は無茶苦茶になる。何も売れなくなる。

だから「あなたのために」という言葉は信じちゃいけないけど、全然悪ではないのだ。モノを売るには必要なセリフ、建て前である。

 

向こうは「自分の売り上げのため」「自分の幸せのため」に甘い言葉で近づいてくる。

ある意味ダマしているとも言えるのだから、自分もある程度は建て前を使いこなし、時にはウソも言いつつ、相手を罵倒することがあっても、積極的に自分を守っていかないといけない。

 

「あの営業マンはすごく私をわかってくれている」「すごく良い言葉を言ってくれる」と言って、商品を買ったり、宗教に入るのは良いことじゃない。

相手に言いくるめられるのではなく、しっかり自分で考えて行動しないといけない。

 

ボクみたいに「営業の子がおっぱいが大きい」という理由で防水テレビ買ったり、読売新聞取ったりしてはいけないのだ。これは建前以前の問題だ。

 

じゃないと金がどんどんなくなるし、最悪、ボクのじいちゃんみたいに死に至ることもある。恐い恐い。

相手の「儲かる」「幸せになる」「痩せる」はまずウソだと疑った方がいい。

 

まとめ

 

あっちからニコニコと近寄ってくる奴の言うことは100%建て前だと思った方がいい。何事も疑ってかかるべし。