「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

できる男は掃除機ではなく、クイックルワイパーを使う

最近、クイックルワイパーを購入した。なぜかと言うとボクの部屋が5歩歩くと足の裏が真っ黒になるという危機的な状況になってきているからだ。

 

小学生の時に靴を隠され、はだしで探し回った経験が誰にでもあると思う。そのあと足の裏を見たら真っ黒になっていたという甘酸っぱい青春の記憶が思い出されるが、思い出してみたところ、その時の足の裏より、今の部屋の方が汚い。

 

掃除機はあるのだが、使う気になれない。掃除というメンドクサイ作業が待っているのに、押し入れから引きずり出したり、コードを伸ばしたり、ヘッドをつけたりしないといけないからだ。本番前に疲れさせてどうする。

しかもうるさい。掃除機なんて昔からあるが、このうるささだけはあまり変わってないような気がする。どうにかなりませんかね。

 

このクイックルワイパーならうるさくないし、場所も取らないので、その辺に置いておける。スッと手に取り、さらっと掃除だ。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180803094625j:plain

 

 

クイックルワイパーは掃除へのハードルを下げる

 

 

「やらなければいけないけど、なかなかやり始めるまでが大変で…」

このような人も多いと思う。そんな怠け者の諸兄にとっておきの情報を教えよう。

 

「行動までのステップを少なくすること」が良いらしい。

 

例えばブクブクに太っている人がダイエットの為に自分に毎日のランニングを課したとする。でもどうせ3日と続かないだろう。

そういう人はランニングに行きやすくする環境を整えてやるのだ。前の日にランニングシューズを出しておいたり、ジャージをすぐ手に取れるようなところに置いたり。その行動をするまでのステップを少なくしておく。

 

「靴箱からランニングシューズを取り出す」と「ジャージをタンスから取り出す」という2ステップを短縮することで、ランニングをするまでの手間を省く。

するとあら不思議、ランニングが億劫でなくなり、1か月で目標減量達成。たちまち出世、女にもモテモテ、ということになるのだ。

 

これと同様、クイックルワイパーも掃除までのステップを少なくしてくれる。掃除機を押し入れから出さなくてもいいし、コードも伸ばさなくてもいい。スッと手に取り、さらっと掃除だ。

 

さらに掃除までのハードルを下げるために、掃除し終わったら、次の掃除をする未来の自分のために、シートを取り付け準備をしておく。

こうすると未来の自分は、シートを取り付ける手間が省け、さらに掃除までの手間が省けるのだ。「過去のオレ、やるやん…」としんみり言ってしまうほどだ。

f:id:kiyokiyo-1107:20180803094851j:plain

ここまで行くとちょっとトイレに行くついでにクイックルワイパーを手に取り、サッと掃除できる。ただの「用を足す」行為に「掃除」という行為が付随され、時間も気力も節約され、なんかこう、できる男になった気分になれるのだ。

 

これをきっかけにあらゆることに「手間を省く」クセをつけよう

ボクは夕方に歩きに行くので、ウォーキングシューズを用意しておいたり、ご飯を食べるときになって「メンドクセエから、外食にすっか」というのを防ぐため、朝にご飯の準備をしておいたりする。

そうやってあらゆるものの手間を省くことによって、「やりたくない」ことも思い立ったらすぐ行動に移せるようになるのだ。

 

「会社に行くまでがいつもドタバタで…」

というダメ社員、いや、ダメ人間もこの方法で、ドタバタを防ぐことができる。革靴と靴べらはすぐに履けるような位置にポジショニング。靴磨きは前の晩にしておく。ついでにファブリーズもふっておけ。どうせ死ぬほど臭せえんだから。

 

カバンに入れる資料も前の晩に準備、朝飯も前の晩に作っておき、歯ブラシや髭剃り、タオル、すべて準備しておく。

すると起きた後はスムーズに会社へ行くことができる。

優雅に朝を過ごすことはできる男の必須条件だ。まぁすべてがスムーズになって、準備の時間が短縮されたら、その分起きる時間が遅くなるんだろうけどね。

 

【大容量】クイックルワイパー フロア用掃除道具 立体吸着ウエットシート 32枚

まとめ

 

クイックルワイパーを使うだけで、「手間を省くことの大切さ」を学ぶことができる。あらゆる手間を省いて、余った時間を使い行動の範囲を広げていき、できる男になりましょう。