「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

TOEIC900点以上取得者の真実

TOEIC900点以上というと、英語に関しては、もうプロと言っても良い。教養のあるネイティブの平均が930点らしいので、もはやネイティブに近い。ペラペラ話せるし、スラスラ読めるし、ビジネスシーンでも大活躍。

 

これがTOEIC900点以上に対する世間の認識だろう。

 

これに関してはハッキリ言っとく。

君たちは間違っている。

 

確かに高得点取得者で上記のイメージを満たすようなすごい人はいるだろう。しかし、多くの人には当てはまらない。もちろんボクもそうだ。

 

ボクのようにスコアだけ高く、実生活では全く役に立てていない人も沢山いるのが現実である。TOEIC高得点=英語のスペシャリストではない。

 

世間のTOEIC高得点取得者の真実(ボクの実態)を世間のイメージと照らし合わせて、紹介する。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180726110749j:plain

 

英語ペラペラ

 

ペラペラではありません。全然話せません。大阪で外国人に道を聞かれるという、ベタな状況に遭遇することもあったが、ビックリするほど話せなくて、ビックリした。

 

TOEICは「聴く」「読む」テストで、「話す」テストではない。だから全く話せなくても満点が可能だ。

 

「聴く」「読む」は連動しているが、「話す」だけは全く別もの。「聴く」「読む」トレーニングをいくら重ねても話せるようにはならない。話すには話すためのトレーニングが別途必要なのだ。

 

TOEICは日本と韓国ぐらいでしか、評価されないらしい。いくら高得点取っても「話せる」証拠にはならないからだ

 

「読む」「聴く」練習は一人でも可能だ。ボクも学校とか行かず、独学だけで取った。

「TOEIC対策スクール」とか存在するが、金のムダだからやめておけ。高い入学金払って、スクール通って「勉強してる感」に浸ってるヒマがあったら、さっさと家帰って洋書読め。問題集解け。英語聴け。それでええ。

 

でも「話す」練習は一人じゃできない。外国人の先生か、もしくは英語圏で生活しないと、中々話せるようにはならない。

英語を使う機会が極端に少ない日本にいながら「話す」練習ができるのは、値段の高い英会話学校に通ったり、留学が可能な人のみ。要は金がある人だけだ。

 

話すテストも含まれるTOEFLを評価するように変わりつつあるけど、それをしちゃうと金がある人だけが評価されることになってしまう。

 

「これからはTOEFLしか評価せん」とか言っているオッサンもたまにいるけど、英語なんて全くできない奴なんだろう。自分がある程度できるようになって、実態を知ってから、そういう発言をしてほしいモンです。

 

字幕なしで映画を観ることができる

 

映画による。ボクの場合は『ベイブ』と『スチュアートリトル』と『ホビット』でそれが可能だった。子供向けですね。大体の映画は無理。

 

TOEICのリスニングは正直すごく聞きとりやすい。慣れないウチは「早い」とか思うかもしれないが、映画の英語に比べるとめちゃくちゃ遅いし、発音もしっかりしてくれている。

 

映画の英語はネイティブがネイティブに向かって話しているので、早いわ、キレイに発音せんわ、スラング使いまくるわ、タランティーノの映画では2秒に1回ぐらい「F○ck」言うわ、TOEICとは雲泥の差。子供のやるテストと大人のやるテストぐらいレベルが違う。

 

だから映画を字幕なしで観るのはかなり難しい。ちなみにボクのリスニングセクションは「ほぼ満点」です。ホッホッホッ。満点でも『ダークナイト』は、ほっとんど聞き取れなかった。そんなもんです。くやしい。

 

洋書や英字新聞をスラスラ読むことができる

 

これはある程度真実。ボクみたいにヨレヨレの服着ていて、冴えない男でも英字新聞を読むことはたまにある。

周りは「なにアイツ、クズみたいな人間のクセに読めねえもん持って格好つけてんじゃねえよ」と思うかもしれないが、ボクは読めるし、理解できている。侮るな。この野郎っ。

 

洋書もスラスラ読める。たまにわからん単語が出てくるけど、前後の文脈で大体意味はわかる。

最初は『ムーミン谷の妖精』でヒーヒー言いながら読んでたのが、今はスティーブン・キングでもビジネス書でもスラスラ読める。あの頃思えば成長したもんだ。

 

TOEICは読むスピードがないと、高得点は無理。というか全問解くのも不可能だろう。

「TOEIC高得点を持ってるから、スラスラ読める」のではなく

「スラスラ読めるから、TOEIC高得点を持っている」のだ。

ボクだって洋書はめちゃくちゃ読んだよ。ホントに。

 

ちなみに洋書の中でも比較的簡単に読めるのは、意外や意外、「ビジネス書」だ。出てくる単語が比較的容易だからだ。

 

都会ではスタイリッシュにビジネス洋書を読んでいるサラリーマンを見かけることがあるだろう。

パッと見、すごくできる人で英語もできそうだが、実はそうでもない。ということを覚えておくと、少々腹の立つあの態度も鼻で笑うことができる。

 

洋楽の歌詞の意味が理解できる

 

ある程度はね。日本の歌みたいに、なんとなく聞いているだけで意味が入ってくる、ということはない。「聞き取るぞ~」と気合入れないと聞き取れない。

 

でも理解できたところで大したことは言っていないので、別に聞き取ろうとも思えない。ビートルズもストーンズも歌の中で言ってることは「ヤリてえぜ、酒がうまいぜ」だけなので、聞き取る必要は全くない。

 

歌手によっては1から10まで全く聞き取れない人もいる。ボブ・ディランがそうで、あのダミ声でうんうん唸っているだけだから、何言ってんだか、さっぱりわからない。

ノーベル文学賞取るくらいなので、すごい事言ってんだろうけど、それでもわからんもんはわからん。

「ディランは歌詞がどうのこうの」言ってる奴がいるが無視無視。ディランの良さは沢山あって、歌詞は沢山ある良さのひとつでしかない。だから、聞き取れないからといって、ディランを諦めるのは…

ディランの話はもういい。何の話だったっけ?

 

ちなみに「歌詞聞き取れないクセに洋楽なんて聴くなよ」と言ってる調子乗りがたまにいるが、こいつは何もわかってないアホなので、気にしなくてもいい。

TOEICのリスニングセクションほぼ満点のボクでも聞き取るのは難しく、そもそも聞きとる必要はない。楽しければそれでいいじゃない。フィーリング、フィーリング。

 

ビジネスシーンでも大活躍

 

しません。まったく活躍しません。

1通のメール打つのに、3時間かかりましたからね。ボク。隣の上司も「ウソやろ??」みたいな顔してたから。マジで。

 

電話もてんでダメ。アメリカ英語ならまだしも、大概アジア系の訛りが入った英語なので、ほぼ聞き取れない。さっきも言ったように話もできない。電話対応に関しては全く何もできなかった。

 

まあ慣れの問題だとは思うんですけどね。ずっと続けてたら、慣れると思うし、慣れるスピードも普通の人よりはずっと早いと思う。

 

文法が完璧に理解できている

 

これはボクだけかもしれんけど、文法なんてほとんど勉強してないよ。ゆえに全く理解していない。

関係代名詞?過去分詞?過去完了?副詞?なにそれ、強いの?みたいな感じである。マジで。

 

文法は特別勉強しなくても、900点以上は取れます。ボクがそうだったんだから。

だって「関係代名詞」って漢字じゃん、日本語じゃん。英語勉強してんのに、日本語覚えてどーする!?

 

じゃあどうやって解いたの?という話だが、そんなもん「感覚」と「気合」である。

TOEIC高得点で英語が得意だから、それ系のブログを書けばいいものを、こんなクソブログに終始しているのは、英語勉強法なんて全く書く事ないからである。

「気合じゃ」しか言うことない。そんなサイト、誰も見ん。

 

TOEICでは「え~これは関係代名詞だから~」とか言ってモタモタしてたら、全問解くのは無理とても無理。

ボクは感覚で解けるようになるまで、洋書を読みまくった。ただこの勉強法は一般的ではないとは思う。時間かかるし。

 

トップレベルの英語力を兼ね備えている

 

ハッキリ言うが、900点以上なんてイングリッシュワールドのスタート地点に過ぎない

 

900点以上というと、「トップレベルの英語力」と思うかもしれないけど、実際取ってみるとわかるが、トップどころか「やっとスタート地点に立った」感じである。

 

リスニングもまだまだだし、洋書を読んでいてもわからないところにはしょっちゅうでくわすし、話すことは全くできない。

 

それでも「900点ってたいしたことないじゃん。目指すのやめとこう」と考えるのは違ってて、やっぱり何でもスタート地点に立たないことに始まらないワケで。

 

ただTOEICをゴールにしてしまうと、そこで終わり。

TOEIC高得点はスタート地点目指して頑張っているだけで、そこをゴールにせず、もっと高みを目指す。そのスタート地点に立つためのテスト、ぐらいに思って勉強するのが良いと思う。

 

まとめ

 

以上のことから、TOEIC高得点も実はたいしたことない、ということがわかったと思う。(あくまでボクの場合だが)

 

「なんでもできる」なんて思わないであげて欲しい。ボクが受けたように海外からの問い合わせをすべて丸投げ、なんてしてはいけない。ボクのように潰れてしまう。

 

過大評価せずに「ある程度英語についてはわかっている」「努力家」ぐらいの認識でお願いしますよ。