「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

携帯3大キャリアに言いたいことがあるから、ちょっとそこ座れ

2018年7月12日の朝日新聞読んでたら、こんなことが書いてある。

「2年縛り」について現在は契約終了後の25ヶ月目、26ヶ月目、のみ解約料がいらず、その後はまた「2年縛り」に突入し、また解約料がかかる。

ドコモはその「2年縛り」終了後いつでも解約できるようにすることのことだ。

 

社長いわく「お客さんにメリットがある形で、そこに料金がかからないことを考えている」とのこと。

 

iPhone

「2年縛り」って元々端末代を払い終える期間じゃなかったっけ?

 「2年縛り」っていうシステムは昔からあった。でもそれは携帯の端末代を一括で払うことができない人のためのシステムであって、その2年はただの「本体代を分割で払い終える期間」という意味だったはずだ。

その後の機種変更も乗り換えも本体代は払い終えているのだから、「解約料」なんて当然発生しない。

 

しかし、今は「2年契約」とかいうシステムになってる。2年経過後の2ヶ月間しか無料で解約できない。

何年かに一度地球に訪れる「流星群」か。その流星群が来たときに解約しなければまた「2年契約」に突入する。

お客さんを囲い込みたいだけのキャリア側の都合であり、お客さんには何のメリットもないシステムだ。

 

しょうもない防水テレビも「2年縛り」

 ボクは初めてのスマホをソフトバンクで買った時に「防水テレビもどうですか?」と勧められた。

今思えばそんなもんいらんのだが、スマホを始めて所持した高揚感と店員が可愛かったこともあり、テレビも買ってしまった。

 

姉ちゃんの話では「このテレビは月々980円で(高い)2年かけてテレビ代を払ってもらうことになります」とのこと。

「その後はどうなるんですか?」

「テレビは見られなくなります。でもデジタルフォトフレームとしてお使いいただけます」とのことだった。

 

2年経過後、そのテレビはまだ映っていた。しかも、980円は相変わらず引かれている。

 

 ボクはソフトバンクショップに行き、文句を言った。

「2年経てばテレビは見れなくなり、980円の分割払いも終わると聞いたんですけど」

「いえ、この980円は使用料ですね」

「本体代と聞いたんですが、でも、もういらないのでこのテレビ解約します」

「じゃあ解約料1万円かかりますけど、いいですか?」

「いや、話と違うんですけど。本体代は2年間で払い終えているハズです。いつになったら無料で解約できるんですか?」

「え~と、18ヶ月後ですね」

 

 

いつの間にかこのテレビも「2年縛り」にされていた。何の告知もなく。ボクは静かにキレた。これがきっかけでボクはソフトバンクを解約した。テレビも携帯も。

さようならソフトバンク、死ね。

 

3大キャリアはお客さんをダマすようなことはやめろ

 ボクが被害にあったのはソフトバンクだけだが、他のキャリアもまあひどいモノらしく、しょっちゅう問題になっている。

 

今回の記事でドコモの社長は「お客さんのメリットを考えてルールを変える」とかアホなこと抜かしているが、「2年後の2ヶ月間しか無料で解約できません」とかお客さんに何のメリットもないルールを決めたのはそもそもそっちで、今更元々のルールに戻しただけで、偉そうに何を言うてんねん、っちゅう話である。

 

 お客さんを囲い込みたいのはわかるが、良い顔してダマすようなことはやめろ。こんなやり方が長く続くとは思えないんだけどなぁ。

 

まとめ

 

悪徳3大キャリアとはもう付き合わないようにしましょう。SIMフリーのアイフォンを一括で買って、格安SIMぶっ差せばとっても安くなりますよ。ちなみにボクの携帯代は月1700円です。mineoは昼間と夕方は全く動きませんが(笑)、安いので満足してます。