「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

【こんな上司はダメだ】気分屋

機嫌が悪いとすぐ怒鳴る

話しかけづらい雰囲気を醸し出している

無茶な仕事を押し付けてくる。

気分屋の上司というのは非常にタチが悪い。部下としては一番密にコミュニケーションを取らなければいけない人物なのに、この人の機嫌によって自分が非常に嫌な思いをする、気分屋上司というのはやっかいな存在だ。

 

lightning-storm

上司と気分屋は最悪の組み合わせ

 仕事というのは上司の指示に始まり、報告で終わる。上司に始まり上司で終わる。仕事の特性上、上司がクソだと部下としては非常にやりにくい。上司の人間性で部下の仕事人生が左右される、と言っても過言ではない。

 

なのにあの気分屋上司というのは一体なんなのだろう。

機嫌がいいとどうでも良い話をしてくる癖に、機嫌が悪いとすごく話しかけ辛い雰囲気を醸し出し、話しかけると案の定、怒る。

部下からの報告がないと、上司も仕事の進み具合が把握できない。報告がしにくい上司は自分で自分の首を絞めていることに気が付かないのだろうか。

 

責任取って一緒に謝罪しに行けばそれでいいと思ってるのかしらんが、部下の責任取らんでいいから、気分屋を直してくれと思うのはボクだけ?

気分屋上司というのは話しかけ辛いという点では「最悪の上司」だと言える。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180707153036j:plain

どう対処するべきか?

 残念ながら気分屋上司は自分が気分屋であることに気が付いていないケースが多い。

ボクの前の上司も酷い気分屋だったが「仕事に対して熱い性格」と自分を称賛していた。なんというポジティブシンキングだろうか。これでは一生治ることはないだろう。

納得はできないが、部下がうまく対処するしか方法はない。

 

パターンを見つける

 気分屋上司は単純なので、機嫌が悪くなるパターンというのがあるはずだ。

「部下が失敗した時」「成績が悪い時」「クレームがあった時」それらのパターンを見分け、その時に接触するのを避ける。

ただ秒単位で機嫌が変わる上司もおり、なにがスイッチになるのかわからない上司もいる。

ボクの上司の場合は怒りの沸点が低すぎて、上司の意に反した発言を少しでもするだけで途端に機嫌が悪くなっていた。こういう上司のパターンは見分けるのが難しいので………んんん~~とにかく頑張ってください、としか言いようがない。

 

ちなみにボクの場合は「怒らすのは避けられない事」と割り切り機嫌が悪くなったら「アホや、こいつまた怒っとる」と見下すようにしていた。

 

機嫌がよくなるまで待つ

 気分屋上司は嵐が過ぎ去ると、別人のように人が変わる。

この特性を利用してわざわざ嵐の中突撃はせず、晴れ渡り虹が出ている頃合いを見計らって話かけるのが良い。

晴れている時は少し具合の悪い報告も、「ふんふん」と快く聞いてくれることもあるし、また台風が到来することもある。ボクの上司は後者だったので、この対処法はまったく意味がなかった。

 

上司の上司に言う

 これはボクが実際に実行したことだが、まったく意味がなかった。上司の上司もその上司の気分屋ぶりは把握しているが、「直らない」とあきらめているからだった。

この上司のせいで部下が何人も辞めているのだが、それでも対処はしてくれなかった。上司の上司もその上司と事を荒立てることはしたくないようで、部下の言い分より気分屋上司の言い分を聞いてしまうようだ。

これでは若手がいつまで経っても育たないと思うのだが。

 

ひたすら見下す

 機嫌を悪くする上司と部下、どちらが悪いかというと上司が100%悪い。

こちらに非がないのに、対処するというのはアホらしい。自分の仕事こなすだけでも大変なのにこんなアホに付き合っていては、精神が持たない。

なので自分の精神のためにも、とにかく上司を見下すのをオススメする。子供をあやすかのような態度で接していると、理不尽な叱責にも自尊心を保ったままでいられる。

 

 

気分屋上司はどういう心境なのか?

 気分屋上司は部下にとって最悪だということはしっかり把握できているのだろうか。そしてなにより自分自身がその「最悪の上司」だということに気が付いているのだろうか。

 

「自分を見つめる」というのは社会人にとって大事だと思う。自分をしっかり評価し、昨日の自分よりちょっとでも良い自分になるよう努力する。それが生きがいにもなっていくのではないだろうか。

 

上司は上司になったからといって「完璧になった」ワケではない。自分の性格、人間性すべてが評価されたから上司になったワケではないのだ。

小さい会社だと在籍期間とそれなりの成績が評価されているに過ぎない。だからこんなアホでも上司になれるのだ。そしてその上司は「オレのすべてが評価されている」と勘違いしてしまう。

 

評価する人間もアホなら、自分もアホというどうしようもない構図が社会のあちこちで展開されているのが、生きづらい社会を作っている原因なのだろう。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180707153102j:plain

 

まとめ

 気分屋という性格は「百害あって一利なし」である。ひたすら仕事における無駄を排除していくのはいいけど、お前の性格が一番無駄だと言う事を早めに理解しろ。