「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

【席を譲る、譲らない問題】席を譲られたら、素直に座ってやるのも立派なマナーである

電車ではお年寄りには席をゆずるのがマナーである。

しかし、皆それができているだろうか。ボクのように、お年寄りを見るや否やすぐさま駆け寄り、席をゆずるという正義感溢れる紳士なディカプリオ似の男前は中々いないだろうかと思う。

 

それができない理由は様々だが、主な理由は「断れるのが恐いから」だろう。

 

その気持ちは非常によくわかる。ボクみたいな正義感溢れる紳士なディカプリオ似の男前であっても断れると非常に惨めな気持ちになる。

 

これに関しては断るお年寄りが悪い。

ゆずるのもマナーだが、気持ちよくゆずられるのもマナーだと思うのだ。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180705171149j:plain

席をゆずるのは非常に勇気が必要なこと

 

「席をゆずれ」とブチ切れるお年寄りがいる一方、ゆずると「結構です」と言う人もかなりいる。

遠慮してるのか、次の駅で降りるのか、健康のため立ちたいのか、年寄り扱いされたくないのか、理由はそれぞれあると思うがせっかくの親切を断るのは非常に失礼だと思う。

 

「席をゆずる」という行為は簡単に思われるかもしれないが、その行為に至るまでにかなりの心の葛藤があるのだ。

 

「断れたらどうしよう」「次の日で降りる人なんじゃないか」「何歳くらいの人なのか、ゆずるべき年齢の人なのか、以外と若かったらどうしよう」など。

 

席をゆずろうとする行為までにかなりのエネルギーを使う。悩んだ挙句、行動に移す。

実際「ゆずりたい」と思う人は多くても行動に移すのは中々勇気のいる行動だ。そんな心の葛藤、天使と悪魔の戦いに打ち勝ち、やっと席をゆずったら「結構です」。

 

なんのための葛藤だったのか。無駄なエネルギーを使ってしまった。そして何より恥ずかしい。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180705171243j:plain

席をゆずる人の心理

 

席をゆずる人には「お年寄りを楽にさせてあげたい」という気持ちもないことはないが「周りによく見られたい」「周りに悪く見られたくない」が主な理由である。

 

ボクがお年寄りが嫌いなのにも関わらず、席をゆずりまくるのはこれが理由だ。

 

「ヨボヨボのお年寄りが立っているのに、堂々と座ってスマホをいじっている若者」

こんな光景を目にしたことはあるはずだ。その時、その若者に対してどのような印象を持ったか?

 

「年寄り立ってんだから、席をゆずってやれよ」と周りにいた人は思うはずだ。

だから自分がいざその状況になった時には「あの時の若者のようにはなりたくない」という思いが働き、席をゆずる。これが席をゆずる人の心理だと思う。

 

そして仮に断られた後はその席にまた座ることになるが、周りにはどのように映るだろう。

「年寄り立ってんだから、席をゆずってやれよ」とその人は周りに思われるのである。席をゆずろうとしたのにも関わらず。

この人はもう悲惨でしかない。

  1. 座っている自分の近くにお年寄りが立つ
  2. 放っておくと周りの人にいやな目で見られる
  3. 心の葛藤(席をゆずるべきか?)
  4. 勇気を振り絞り席をゆずる
  5. 拒否され恥ずかしい思いをする
  6. 仕方なく元々座っていたところに座る
  7. 再び周りの人にいやな目で見られる

この人は何一つ得をすることがない。ただただ辛い思いをした挙句、振り出しに戻るだけだ。

 

席をゆずって断われた後、その席に戻らず立ったままでいる人をたまに見かけるが、この状況を回避するための真っ当な行動である。

 

その人も周りにこんな事を思われるのである。

「コイツ断られたから、その場に居づらくなって、立ったままでいやがる(笑)」と。

こんな目に合うなら最初から席をゆずらなければ良かったと誰もが思うだろう。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180705171221j:plain

ゆずられたら四の五の言わず座ってくれ

 

最近のお年寄りは元気だ。お年寄り関連の本も沢山出ており、健康的な人がどんどん増えていく。

しかしいくら自分は元気だと言っても周りから見ればただのお年寄りであり、電車内では常に「席をゆずられる存在」である。

 

「ワシはまだまだ元気じゃ」とゆずられることを拒否する人が増えると、段々とゆずる人が減っていくと思う。

「また断られたよ…もうゆずるのはやめとこう」と思うと「なぜゆずらない!!」とブチ切れるお年寄りも出てくるワケで、若者にはさらなる葛藤が避けられない。

 

現役世代に生活を支えてもらってるんだから、仕事以外のところで疲れさせるようなことはやめてあげてほしい。

その疲れさせる行為は「ゆずられてんのに拒否する」ということ。拒否されるくらいなら周りの冷たい視線を我慢しながら座ってた方がマシ。

 

アナタがどんな事情で、どんな人間で、どんな状況にあるのかに関わらず、席をゆずられたら四の五の言わず座ってやれ。ということをボクは言いたい。

 

電車のアナウンスもこのようにすればいい。

「お年寄りには席をゆずってあげてください。ゆずられた方は、こころよく座りましょう」

 

まとめ

 

素直に座ってやるのもマナー。それも思いやりのひとつ。