「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

文科省局長が逮捕されたというニュースについて一言二言、言いたい

朝っぱらからすごいニュースが飛び込んできた。

文部科学省の局長が受託賄賂の疑いで逮捕されたというのだ。

 

私立の大学を何億か援助する事業があって、その大学を選ぶから「オレの子供を入学させてやってくれ」ということらしい。完全な裏口入学である。

 

なぜこのニュースに惹かれたかと言うと、「すごくわかりやすいから」である。

最近の官僚がらみのニュースは非常にわかりにくい。それゆえ興味を持てなかったが、このニュースは「へへへっお代官様、よしなによしなに」と重箱の底から金が出てくるくらいわかりやすくシンプルな事件なのである。黄門様も勢いよく出動するレベル。

わかりやすいゆえ、ちょっと文句を言う。

 

Mito Koumon

罪を犯してまでするようなことか?

 

このオッサンは子供を東京医科大学に入学させるために罪を犯した。

 

ボク達庶民から考えると「なんでそんなことで犯罪を?」と思う。

「庶民にはわからないエリートならではの動機なのだろう」と思えば納得してしまいそうだが、そうではない。

このオッサンはただ単に「アホ」なのである。

 

東京医科大学への入学は、この子供にとって「良い人生が待っているのか」というとそれは誰にもわからない。

医者になったはいいけど「やっぱり違う」と思うこともあるかもしれない。その大学への入学が子供にとって100%幸せなのか?

 

これでは「宝くじを盗む」ということと同じではないか。当たるかわからず不確実性が伴うものを、罪を犯してまで手に入れてどうすんの?という話である。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180705150622j:plain

「教養がない」というのはこのオッサンのことを言うのではないか

 

映画『ジョンQ』みたいに「子供の命を助けるため、犯罪を犯す」ならまだわかるけど(それでも犯罪はダメだけどね)、このオッサンは「子供の幸せにつながるかもしれない道を選ぶために犯罪を犯す」ということで、全然割に合ってない。

医科大学への道がその子供にとって「不幸への道」になるかもしれないのに。

 

この人はすごいエリートだったみたいだが、こんなことに罪を犯してしまうあたり、「教養がない」と言える。

本ばっかり読んでても勉強していても、上ばっかり見ているから視野が狭くなる。無職でも元気に生きているボクと会ってほしいぐらいだ。

 

挫折も大事なこと

 

超エリートのこのオッサンは大きな挫折もせず、今の地位についたのだろう。挫折を知らない人はこんなしょうもない罪を犯してしまう、という良い例じゃないか。

 

自分が正しいと思うレールを外れると、すべてが終わりだと思う典型的な官僚タイプである。あっ、この人は官僚か。

 

挫折してしまうのも大事なことだと思うのだ。成功ばかりしていると、一旦失敗したら立ち直れなくなってしまう。失敗は金を払ってもできない貴重な体験である。

 

ボクは元日雇い派遣で現無職。

こんな人生はエリートからしたら「ずっと挫折している」「こんな人生なんてあるのか」「ファンタジーじゃないか」と思うくらいなのかもしれないけど、なんとか元気にやってる。

こういう人生がある、ということもこういうエリートには知ってほしいと思う。

 

このまま入学し、挫折知らずでトントンと出世していったら、この子供もこの親のようになってしまうんじゃないか。挫折も大切なことだ。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180705150657j:plain

また野党がぐちゃぐちゃ言う

 

こういう問題が表に出ると政治が止まるからイヤなのだ。

さっそく野党が水を得た魚のようにピチピチと集中審議を要求しているという。「アベは責任取れ」と。

 

この話は大学と文科省のオッサンだけの問題だと思うが、野党はいちいち大ごとにして政権批判をする。

そりゃ文科省のこのオッサンと医科大学は批判されるべきだけど、アベさん関係ねえでしょう。

 

ボク達庶民からすると全然手の届かない東京医科大学と官僚の問題なんて正直小さい問題だ。

もちろんこの子供が受かった分、一人落ちてるんだろうが、まあそんな高い所からちょっと落ちたぐらいではなんともないでしょう。ずっと下にいる奴からすれば(ボクです)たいしたことない。

 

アホでもわかるシンプルなニュースなので国民を巻き込んで批判もしやすい。

その度政治が止まるので、そういう所も官僚はしっかり考えてほしい。間接的に国にめちゃくちゃ迷惑をかけているということを。

 

まとめ

 

エリートは何が大事かわかってない。という負け組の遠吠えでした。あースッキリした。