「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

「最近の若いやつはダメだ」と言うオッサンは愚かである

「今の若い奴は弱い」「これだからゆとりは」「昔の人間はもっと強かった」

今時こんなセリフを吐くようなオッサンはいないだろうと思っていたのだが、実際働いてみると2日に1回は聞く。

自分が直接言われなくても、過労死のニュースや部活で倒れた、というニュースを聞くとオッサンは必ず言う。「最近の奴は弱い」

今からこういうオッサンへの文句を書く。それはもうめっちゃ書く。

 

angry man

「鬱になる」という情報が鬱を引き起こす

 エスキモーの有名な話がある。

凍傷知らずのエスキモーは「凍傷になる」と言われた途端、凍傷にかかるようになってしまったと言う話である。

「病は気から」と言うけど、まさにその通りである。エスキモーの人は「凍傷になる」という情報さえなければ凍傷にかかることもなかった。

 

それは現代人でも同じだと思う。

「沢山働いたら鬱になる」

「月80時間以上残業したら過労死する」

情報化社会で、このような情報が植えつけられた結果、若い人はその通りに病気になってしまうのではないか。凍傷になったエスキモーと同じである。

 

昔の人は今の人より沢山働いても平気だった。

なぜなら「沢山働くのは良い事だ」という情報がまかり通っていたからだと思う。

 

昔の人だって「沢山働くと鬱になるよ」と言われた途端、凍傷になったエスキモーのように、鬱になってしまうのではないか、と思うのだ。

 

若い人が弱くなったからとかじゃなくて、ただ単に情報の擦り込みによって病気になってしまう体質になった、というのがボクの考えだ。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180705084732j:plain

弱くなるのは良いこと 

 

時代が人を作る 

 

これはボクの大好きな言葉で、ホントその通りだと思う。

 

平和や安定した社会が続けば、人も弱くなる。強くならなくても生きていけるからだ。

戦争をしていた時期の人間は今の人よりずっと強い。残された母への手紙など見ていたら、今の人では考えられないくらい立派な文章、心意気である。

 

「今の若い奴は弱い」とか言ってるオッサンだって戦前の人間からすれば弱い。

戦前の人間も幕末の人間に比べたら弱い。

幕末の人間だって戦国の人間に比べたら弱い。

その時代によって人間は弱くなったり強くなったりすると思うのだ。

 

大正時代の人間は昭和の人間より弱いと思う。

江戸時代の人間は幕末の人間より弱いと思う。

比較的安定した時代の人間は必然的に弱くなる。

 

逆に言うと、人間が弱くなるのは社会が安定している証拠で、むしろ良い事なのだと思う。

まあすべてボクの憶測だけどね。でも的を得た意見だと思う。

Silver Samurai

労働のルールが厳しくなるのは、守らない人が多いから

 「昔はこうだった」とかよく言うけど、安定した時代になるとそれなりにルールができるのは当たり前のことだ。

そんなこと言うオッサンは、昔みたいに滅私奉公的な働き方ができるのか、不眠不休でピラミッド作れんのか、という話である。

 

いつまでも「昔はこうだった」とか言ってないで、しっかり今の時代に合わせてルールを変えるべきである。

 

ちなみに最近労働に関するルールが厳しくなっているのは、それを守らない人が多すぎるからである。

しっかり守っている人ばかりだったらルールを厳しくする必要ないでしょう。

 

愚かな民の上には厳しい政府がある

 

西洋のことわざ

 

労働のルールが厳しくなっているのは「最近の若い奴は…」とか言ってルールを変えようとしない、あなた達「愚かな民」のせいである。要は自業自得である。

 

「最近の若い奴は弱い」「昔はもっと働いていた」というオッサンは自分で「愚かな民」だと白状しているようなモンである。

この発言を聞いた若い人はそんな愚かな民の言う事など聞かずに己の道を邁進すべき。全く気にする必要はない。

そしてオッサンは反省しなさい。まったく。