「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

女は彼氏の有無を隠すんじゃない。モテない男の気持ちを考えてください。お願いします。

女は何故彼氏がいる事を隠すのであろうか。男の気持ちを考えたことがあるのか。

 

Women

妖精に恋をした話

 

派遣で工場に勤めていた頃、すごく可愛い子が入ってきた。ロシアの妖精リプニツカヤに肩幅をつけ、巨乳(推定Fカップ)にした感じだ。

 

そこは男だらけの職場だった。生身の人間に群がるゾンビのごとく、皆その子(以下、リプ子)に夢中になった。

リプ子は超A級美人であるにも関わらず誰にでも分け隔てなく、たとえゾンビのような見た目のオッサンであっても、愛想よく話かけてくれる子だった。

 

ボクは案の定、リプ子に恋をした。というかその場のオッサン皆リプ子に恋をした。

 

ボクはリプ子とお近づきになろうと色々努力をした。しかし、中々話かけられない。リプ子の周りには多数のオッサンが常に群がっているからだ。

 

話することができてもすぐに違うオッサンが話に入ってくる。今思えばオッサン嫌いになったのはあの瞬間からかもしれない。

 

毎日職場に行くのが楽しく「今日は何の話をしようか」なんて一人で考えている時も非常に幸せな時間であった。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180704102652j:plain

結局彼氏持ちだった

 

一度、オッサン同士で話し合いがもたれることになった。第一回オッサン会議である。そこでの表向きの議題は「仕事について」だったが、結局なんとなくリプ子の話になった。

一人のオッサンが恐る恐る「彼氏いるのかな?」というアジェンダ(議題)を出してきた。

「………」

「………」

誰も彼氏がいるかわからないのである。あれだけ常にリプ子の周りにはオッサンが群がって話をしていると言うのに、誰も彼氏がいるか聞いていないのである。

この辺の勇気の無さが日雇い派遣をいつまでも続けている根拠と言えよう(ボクもそうだが)。

 

ある日、飲み会が開かれることになった。

飲み会の席でボクはリプ子の隣を陣取ることができた。彼氏がいるかを聞くビッグチャンスである。

いなければ良い感じに会話を続け、デートに誘い、そのままの勢いで求婚までいってやろうという魂胆であった。

 

しかし、アルコールの力があってもモジモジして中々聞けないボク。すると前にいたオバハンが唐突に言った。

「リプ子、彼氏いるの?」

オバハン、ナイス!!

「あ、ああ……、いますよ…5年くらい付き合ってます」

 

魔性の女、リプ子

 

リプ子に彼氏がいるとわかった時のボクはただただ絶望するしかなかった。その時の気持ちは今も思い出したくない。

 

次の日職場に行くと空気がどんよりしていた。あれほどホクホクしていたオッサンたちの元気はすっかりなくなり、覇気がなくなっていた。

f:id:kiyokiyo-1107:20180704102744j:plain

皆、リプ子を狙っていたのである。リプ子は美人なのに誰とでも話をし、話した男は誰もが「この子オレに気があるのか?」と思わせる魔性の女であった。

だから日雇いでどうしようもないオッサンでも自分の立場を顧みず、リプ子が手に入る存在だと勘違いしてしまったのだ。今思えばかなりの高嶺の花であったが、当時は気づかなかった。

 

ここでリプ子に言いたいことがある。

もう人生を諦めるしかないお先真っ暗のオッサン共を絶望の淵に叩き込こんでまでモテたいのか。オッサン共のひきつった笑顔を見て、心が痛まなかったのか。

 

少しでも夢を見させてくれたのは、確かに嬉しいことではあったけど、上がっただけ落ちた時の衝撃はものすごいものだった。再起不能になりかねんほどのダメージだった。

 

日雇い派遣のオッサン共は恋愛経験に乏しく、

彼氏がいる=終わり

だったのだ。もちろんモテないボクもそうだった。

 

彼氏がいることを隠すな

 

長くなったが、ここで冒頭の議題に戻る。

女は彼氏の有無を早めに言え

 

モテてる方は非常に気分がいいのかもしれないが、彼氏持ちにホレた方は悲惨だ。この気持ちをどこへ持って行けば良いのだ。しばらく悶々とした日々が続く。これはツライ。

 

ボクが今まで好きになった子のほとんどが「彼氏持ち」だった。

これは聞かないボクが悪かったのか。言わない女が悪いのか。ホント怖い。なんなのコレ。モテたいのはわかるが、モテない男の気持ちを考えてください。

彼氏の存在を隠されたまま、やさしくされるとすぐにホレるんだから。だから早めに彼氏の有無を言え。

「私、○○と言います。彼氏います!!」

これでいい。これでボクみたいなクソ人間は救われる。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180704102810j:plain

まとめ

 

違う職場で会ったヤンキー風の女の子にこの話をしたら

「はあ!?結婚してないんやろ??行けよ!!根性なし!!っていうか好きやったら結婚してても行け!!」

と言われた。まあそんな考え方もあるね。ハハッ。