「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

「30歳になったのだからもっとしっかりしなさい」

30歳になってからよく「30歳になったのだからもっとしっかりしなさい」みたいな事をよく言われる。

これは30歳に限らずキリの良い年齢になる度言われることだ。

20歳なら

「20歳なのだからしっかりしなさい」

25歳なら

「四捨五入したら30だね」

30歳なら

「30歳なのだからしっかりしなさい」

35歳なら

「四捨五入したら40だね」

こんな感じで続く。誰も、「四捨五入してくれ」なんて言ってないのに勝手にしていちいち伝えてくる。なんだコレ。

 

これは40歳になっても言われることなのか、それは知らんが、もうウンザリなのです。

 

30

30歳って30年間生きたってだけ

 「30歳」「三十路」と聞くと、何か特別な印象を受ける。周りの目も一層厳しくなる。

でも特別でもなんでもなく、ただ「30年間生きた」という意味でそれ以上でも以下でもない。

 

30年生きるなんてことは普通にしていれば誰でも達成できるワケで、そんな誰でもできるような事で「しっかりしないといけない」と周りの態度が急に変わるのは非常に解せない。

 

50歳になっても意味は同じで「50年間生きた」ってだけである。その証拠に立派な人間などほとんどいない。別にボクもオッサンに「しっかりすること」を求めてはいない。

 

ボクなどこの「しっかりしないといけない」年齢なのに無職になってしまった。

それが良い事か悪い事か、普通は悪い事なのだけど、ボクは今までになく自由を謳歌している。その自由も、もうすぐ終わりそうだけど。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180702170939j:plain

「しっかりする」という基準も人それぞれ。言われた方はどうしていいのかわからない。

 そもそも「しっかりしろ」とか言われても、言葉の意味の範囲があまりに広いので、こちらとしてもどう受け取ればいいのかわからない。

 

「結婚しろ」「定職につけ」「親孝行しろ」

結婚していないのがダメなのか、したら「しっかり」しているのか。

定職についていないのがダメなのか、したら「しっかり」しているのか。

親孝行していないのがダメなのか。どれくらいしたら「しっかり」になるのか。

わからん。わからんのだよ。

 

いちいち人の価値観に合わせていたら、自分が一切ない、それこそ「ダメな大人」になってしまうのではないか。

というかそれらすべてを満たす人が「しっかりしている」のかと言われればやっぱりそれも人によって意見は違う。

 

「人間みんな違ってみんないい」とはよく言われるけど、「30歳」という数字を見ると途端に「しっかりする」という枠組みに入れようとする。

その「しっかり」の定義も曖昧なまま。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180702171023j:plain

「30歳なのだからしっかりしなさい」は何の意味もない言葉である

 「30年間生きたからしっかりしないといけない」という理由がよくわからない。そして肝心の「しっかり」という言葉の意味も曖昧。

 

言われた方はどうすりゃいいかさっぱりわからん、ということで「30歳になったのだからしっかりしなさい」という言葉に何の意味もない、という結論に達した。

これはもう何も言われていないのと一緒だ。

 

ボクなりに今までも「しっかり」生きてきたつもりです。

アナタ達の基準には達してはいないだろうけど。元引きこもりで現コミュ障、対人恐怖症のボクからすると、バイトして定職につき、TOEIC高得点取り、転職し、早期退職。そして今無職。そして働く気がない。

これすべて自分の基準からすると「しっかり生きている」のである。

 

「しっかりしている」のに「しっかりしろ」なんて言われてもどうしようもない。

「30歳だから」なんてよくわからん理由をつけられて何回も言われるのが、めちゃくちゃイヤなのです。

というか言った本人は「しっかり」してんのか?という話にもなってくる。これを言いだすと、いよいよ話は終わらない。

もう「30歳だから」ってあれこれ指摘してくるのはやめてください。