「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

【エレベーター問題】「閉」ボタンはいらんと思う

ボクは大阪の大きいオフィスビルで働いていた。エレベーターで上に上がるのだが、そこでずっと煩わしく思うことがあった。

それは「閉めるボタンを慌ただしく押す行為」である。

 

Elevator

 押しても押さなくてもあまり変わらない

 

エレベーターでは先に乗った人がボタンの前に立つのがルール。

そこでは少々めんどくさいが、降りる人や乗ってくる人のために、「開」ボタンを押し続けなければいけない。

 

ボクは下っ端だったので、よくそのボタンの前に立つ。人が乗ってこれば「開」。乗り終えたら「閉」を押す。しかしあることに気が付いた。

「閉」ボタンを押そうが、押さまいが、閉まるまでの時間はほとんど変わらないことに。

 エレベーターは「閉」ボタンを押さなくても勝手に閉まる。おそらく4秒も放っておけば閉まる。「閉」ボタンをどれだけ早く押しても3秒ぐらい。たったの1秒の差である。

 

 「別に『閉』押さなくてもいいんじゃないか」

だからボクは押さないことにした。勝手に閉まるし、1秒なんて大したことないからだ。

で、「閉」ボタンを押さずに勝手に閉まるのを待っていると、一緒に乗っている人がイライラした様子で押すのだ。

いや、お前ボタン押す係りを放棄してエレベーターの奥にいるのに、そういう時だけ押すな。

ボクはそういう時、非常にイライラするのである。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180701173806j:plain

押す奴の心理

 

「閉」ボタンを慌ただしく押す奴は一体なにを考えているのだろうか。1秒だぞ1秒。1秒くらい待てんのか。もしかして秒単位でスケジュール管理をしているスーパーエグゼクティブか??とか思うんだけど、不思議なことにほとんどの人が押す。

こういう人達の心理はどうなってんのか?と考えてみた。

 

押す場合と押さない場合の時間の差を認識していない。

 勝手に閉まるまでの時間がすごく長いと思っている人である。押したら「3秒は節約できる」と思っているのか知らんがどちらにせよ、秒単位の節約にしかならない。

「3秒遅れるとポシャる」ような仕事でも抱えてんのか?どんな仕事だそれは。

 

押さないと他の人がイライラしながら押すので、仕方なく押している。

 「閉」ボタンを押さないと周りの人に「コイツ早く押せよ」と思われる。

これがイヤで自分から押してしまう。周りへの配慮である。ボクはこれが理由でイヤでも押すようにしていた。

 

「閉」ボタンは押すもの。と擦りまれている。

 何も考えていない。「『閉』ボタンは絶対に押すもの」と思い込んでいる。

おそらく多くの人がこのタイプだろう。

正直仕事で頭がいっぱいで「閉」ボタンを押すべきか、みたいなことまで頭が回らないのだと思う。回ったからとて、別にどうということもない。もっと言えばこんな事にグチグチ言うやつはタダの暇人とも言える。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180701173830j:plain

グチグチ言ってないでさっさと押せ

 

なぜ「閉」ボタンは存在するのだろう。

「せっかちな人用に設置してある」とも言えるが、そもそも「閉」ボタンさえなければ、「早く閉まれ」などと思うこともないし、押さない人がいてもイライラすることもない。なければせっかちが発動することもない。

 

しかし「閉」ボタンが存在する以上、「押さない」という選択肢は一人でいる時以外あり得ない。「押さなくても変わらねえよ」なんて意地張っていても、観念して押すしかないのだ。

 

というか、素直に「閉」を押す人(これが普通)から考えると「それくらい押せよ。意地っ張りが」ということになるんじゃないか。

 

「開」ボタンのすぐ隣に「閉」ボタンはある。「開」を押した後、そのすぐ隣にある「閉」ボタンを押すのはそれほど労力は必要ない。

「開」を押して「閉」を押さないのは、それはもう「めんどくさい」とかではなく「押す必要がないから押さない」と考えているただの頑固な人間である。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180701173903j:plain

押せば万事がうまくいく。押さないと周りもイライラし、それを見て自分もイライラするのだ。

素直に「閉」を押す。それこそが立派な大人のすることなのだと、今やっと気づいた。

 

「閉」をせっせと押そうとする、せっかちな人間を糾弾するはずが、意地でも押さない自分の未熟さに気づくこととなってしまった。

 

というか「閉」ボタンを押すべきか押さないべきか、なんて考えてる時点で暇人だし、「押さない」という結論を出すような奴はホントダメなやつだ。もっと他に考えることがあるだろう。働けオマエは。