「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

上司は何故ホメてくれないのか?

社会に出るとホメられることがなくなる。

 

学生時代はテストで良い点数を取ればホメられたし、100m競争で一番になれば、皆からチヤホヤされた。

 

ホメられるとやる気が出るし、良い思い出にもなる。

 

「ホメる」という行為は人を動かすにはすごく便利である。

もっと活用してほしいのだが、なぜか社会に出るとホメられることがなくなる。

  

f:id:kiyokiyo-1107:20180622144844j:plain

 

 

学生時代はよくホメられる。ホメられると俄然やる気が出て、勉強にも精が出る。ホメられると嬉しくなるのは学生だけじゃない。

 

社会に出た大人だって嬉しいハズだ。だからホメてやればいいのに、それをしない。

全く理解が出来ん。アンタらが好きなビジネス本にも書いてあるでしょうが。

無職ながら理由をいくつか考えてみた。

 

 

余裕がない

 ただ単にホメる時間がない。ホメる精神的余裕がない。だからホメない。というか関心がない。

 

ホメる余裕すらない上司というのは、そもそもかなりの無能だ。

部下の管理が全くできておらず、でも忙しいからそれなりに毎日が充実している。

そして「自分はできる上司だ」と勘違いしている上司だ。

 

こういう奴は自分のやる事すべてが正しいと思い込んでいて、「ホメた方がいい」なんて助言してもまず聞かない。力のない戦国大名みたいなもんである。そのうち討たれる。

 

こういう奴に言いたいのだが、ホメる行為は自分の仕事を削ってでも行え。

会社全体の事を考えたら、何人かいる部下に成績を上げてもらうのが、アンタの何よりの仕事だ。

成長することや気持ちよく仕事してもらうことを考えたら、ホメるという行為は欠かせないはずなのです。大名様。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180622144916j:plain

成長してほしくない

 ホメないことによって部下のやる気を無くさせ、成長を拒む目的でワザと無関心を装う。

 

自分より仕事ができる部下の存在は許せないのだ。

しかし、そもそも仕事の内容や評価のされ方が部下と上司とでは違うのだから、単純に比べるのは間違っているのではないかと思う。

 

部下がどんどん注文を取り、上司を抜くほどの成績を上げるとする。

部下の評価が上がるのはもちろんだが、この場合上司の評価も上がるのでは?といつも思う。

なぜ部下の足を引っ張るような真似をするのかよく理解できない。

ホメて伸ばすと自分も伸びる。ということが理解できないのか。

 

色々な話を聞いていると、残念ながらこういう上司が非常に多いと思われる。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180622144939j:plain

ホメるのが苦手

 単純にホメるのが苦手、という上司もいる。一見可愛らしい感じもするが、そんな事を言ってる場合ではない。

部下には本人にとって苦手な事であっても押し付けまくるクセに、自分の苦手な事は「苦手だから」で済ませるこの根性の悪さに、まず部下は気づかねばならない。

 

ホメるのが良い。ということはもう常識になりつつある。

このことを知らない上司というのはもうほとんどいないと思う。いたらビックリだ。情弱にもほどがある。

 

「それくらいのことは知ってる」とか言われそうだが、こういう奴にこの言葉を授けたい。

それ位のことを知っている、知っていてやらねえのは悪事をしていると同じでんしょう。

 

勝海舟子母澤寛 より

 

 知ってたらやらんかい。ということである。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180622145008j:plain

 

とにかく厳しくするのが良いと思っている

 この人に関してはもう「勉強してください」としか言いようがない。

 

ボクの上司はこのタイプだった。「厳しくしないと人は成長しない」とハッキリ言っていた。

別にそれはいいのだが、だからと言って全くホメないのは違うと思う。

「飴とムチ」という言葉があるように、たまに飴を与えないとたちまちやる気をなくす。上司への信頼も無くす。

 

厳しいだけの態度なんて、なにも良い事はない。ということに気が付かない、こんな上司の下で働いている部下は大変可哀想である。

 

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

 

連合艦隊司令長官 山本五十六

 

昭和の大先生、山本五十六もこう言ってる。

「ホメるのは間違ってる」とどこで仕入れてた知識ですかね?

いつまでも昔のやり方に固執する昭和生まれの上司たち。

 

どのパターンにおいてもすべての根本は「上司の怠慢」である。

最近の若い子は賢いので、こういう所で人間性を見られている、ということを世の上司はしっかり認識すべき。

 

アナタはエラクない。すごくもない。ただただ若い子より早く生まれただけだ。