「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

ネットの情報は信頼できないと思った話

最近クラウドソーシングでライターの仕事をポツポツしてて、結構大きなサイト等のページの執筆もしているのです。

商品の説明とか、クレジットカードの説明とか、就職活動のやり方とか…

こういうページの文をボクみたいな学のない奴が書いているのかと思うと、ホントにネットの情報なんて信用しちゃいけないな、と思うのです。f:id:kiyokiyo-1107:20180610161824j:plain

 

ネットの文章は全く知識のない人が書いたものが多い

 

クラウドソーシングで仕事を発注する人というのは、ホームページだけを作って文章は外注してます。

ボクみたいにクラウドソーシングサイトに登録している人に書いてもらってるんです。

専門的な知識があればそれなりに書けるんですが、たまに自分が全く知らない分野について書け、と言われることがあります。

「女性用のバッグについて」「クレジットカードについて」など

ボクはバッグについて何も知りません。ボクが持ってるバッグはイオンで買った防水のバッグのみです。そしてボクは現金主義なので、カードについても知識はありません。今は無職なのでカードを作ろうにも作れません。

そんな奴に文章が書けるのか?

書けるんです。

書けるんですよ奥さん。

 

適当に調べりゃ書ける

 

正直ネットで調べて、気になるキーワードを拾ってきて、それを自分なりの言葉で書きなおせば良いだけです。要は「他のウェブページの情報を集めて、適当に書いてるだけ」なのです。

時間がかかりますが、それなりのものが書けてしまいます。

検索してるとわかりますが、他のウェブページも同じようなもんです。多分ボクみたいな知識のない奴が同じ方法で書いてるんでしょう。

しかも同じような構成、デザインのページばかり。同じようなサイトがいくつもあります。見出し書いて、その下に著作権フリーの別嬪のねーちゃん画像を張り付けて、何の目新しさもない文章書いて…。

クローンのごとく生み出されたサイトが山のように出てきます。今や情報のないキーワードなんてないんじゃないですか。「放牧犬」とかで調べても出てくるんじゃないですか。「放牧犬に適した犬種ベスト30!!」みたいな。調べてないけど。

 

ネットで調べものをしたい時は一番上のページみるだけで十分

 

ネットの情報すべてが「信用する価値なし」というワケではありません。手っ取り早く知識を仕入れるにはネットが一番です。

しかし、ひとつの事を調べるに当たり、いくつものページを開く必要はありません。一番上に出てくるページだけで大体把握できるでしょう。検索して上に出てくるページは皆が役に立つと認めたから上に出てきます。それだけでOK。下にもずらーっと出てきますが、基本的にボクみたいな人間が書いた文章で構成されている大量生産されたサイトです。

一番上のページも然りですが、まあ、上に表示されているということは質が良いのでしょう。

 

本最強

 

やっぱり本が最強ですね。ウェブの文章は間違っていたら、いくらでも修正できますが、本はできません。なのでいい加減なことはまず、書いていないハズです(そうでもない本も大量にありますが…)

タダで手に入るウェブの情報など、あまり役には立ちません。役に立つなら多くの人が成功しているハズです。やっぱり身銭を切って、本から情報を仕入れると、購入金額のもとを取ろうとしますからね。より深く頭に残ります。

ということで、ウェブサイトの情報なんていい加減なものばかり、という話を無職がしてみました。へへっ。