「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

大きい会社がこれほどしんどいと思わなかった

 転職して4ヶ月ほど経つが、しんどい事この上ない。

 

 私は30歳であるが、社会人経験が人より乏しく(20半ばまで引きこもり、就職するも個人商店みたいな会社)、社会的なスキルを全く身につけないまま、そこそこ大きい会社に転職してしまった。

 

 「大きい会社と言っても、まあどこも一緒でしょ」とか思ってたんだが、まあ甘い甘い。厳しい上下関係、連発される飲み会、自発的に動かないと仕事がない状態、強制される上辺だけのコミュニケーション、ビジネス文書…

 

 これが社会かと思った。朝の満員電車のサラリーマンが皆死にかけている理由がやっとわかった。

 

 前の会社は上下関係など全くなく、上司であっても率先して仕事をしてくれた。今思えばすっごく楽しかった。

 

今の会社は上司は上司であり、絶対的な存在。仕事など当然手伝ってはもらえない。というか誰も助けてくれない。大きい会社は自己責任論がそこらにあぐらをかいて座っており、自分でガツガツ動いていかないと、たちまちつまはじきにされる。

 

すごく冷たい世界。それが社会である。

厳しいと思う反面、「もっと優しくできないのかなあ…」と思うこともしばしば。ホメられる事も全くない。

 こんなしんどい所で皆頑張ってんだなあ、と思った。サラリーマンなど社会の歯車に過ぎないと思っていたが、ちょっと見直した。