「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

 

心という奴は自分そのものだと言えるが、これほど邪魔な奴もいない。

 

ボクは今、どう考えても幸せである。3食食べられて、広い部屋に住んで、週末は酒飲んで、好きな音楽聴けて、本も読める。

 

にも関わらず、日曜の朝だというのに、心がスッキリ晴れないのは明日の仕事の事が頭にチラつくからだ。

明日が仕事だからと言って一体何の問題があるんだろうか。仕事と言っても別に命を懸けるようなものではない。比較的安定した会社だし、長時間労働もない。

 

幸せな環境にいるはずなのに、心はいつもボクを嫌な気持ちにさせる。

楽しい瞬間も余計な事で頭をいっぱいにさせ、憂鬱にさせる。

やることが沢山あるのに「めんどくさい」

するべきなのに「怖い」

朝起きなきゃいけないのに「寒い、眠たい」

もう、ええ加減にせえ、マジで。コイツのせいで行動が鈍くなる。幸せな気持ちになれない。

 

コイツに振り回されずに生きていく事ができたら、人生思うがまま。ずっと幸せなハズである。

でもどうしたらいいんだろうか。本を沢山読んでも中々答えは出てこない。

 

心を無視して行動できたら、何にでもなれるんだろうなあ。