「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

 久しぶりのUFOキャッチャー

久しぶりにUFOキャッチャーをプレイした。

 狙っているのは人気ゲームの敵キャラのフィギュア。スポンジを少し硬くしたような、それでも握りつぶせるくらいの柔らかなフィギュアだ。

 

イライラした時なんかに握りつぶすと多少ストレス解消にもなりそうだと思ってプレイしているのだが、よく考えれば日ごろ仕事で積み重なったストレスはこんなモノでは解消されない。

 

 ということで2回で辞めた。やっぱり取れない。

握りこぶしくらいの丸いフィギュアなのだが、こういうのが一番取りにくい。持ち上げても横に移動したときにポロッと落ちるのだ。

持ち上げた時の期待感も相まって、取れなかった時の悔しさは格別。さらにストレスが溜まる。

 

 ここで大概の人はさらに100円を投入するのだろうが、それはゲームセンター側の思うツボだ。「取れそうなんだけどな」一見そういう風に感じるが、これは「取れそうだけど、絶対取れない」のだ。

 

 ここでスパッと辞めてしまうのが、男の潔さというもの。女にフラれた時もスパッとあきらめた方が、男らしい。

 

 散りぬべき時知りてこそ 世の中の花も花なれ 人も人なれ

~細川ガラシャ~

 

 散りぬべき時は今。ここで100円投入を辞め、その場から退散して、初めてボクは人になれる。

 

 こういうしょうもない事でも自分に酔えるって我ながら感心する。

 だれか助けてくれ。