「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

働きたくない理由1 労働時間が長すぎる

働きたくない。本当に働きたくない。

 

「仕事があるから人生充実する」「仕事があるから休みがありがたい」

みたいな声も聞かれるが、仕事するくらいなら、充実なんていらないし、ありがたくなくてもいい。

 

つーか、逆に

「仕事のせいで精神を病んでしまう」「仕事があるから遊ぶ時間がない」「勉強する時間がない」

とか、デメリットの方が多いんとちゃいますか?

 

ボクの働きたくない理由の一つに「労働時間が長すぎる」というのがある。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180810114018j:plain

週5日労働は長い

 労働なんて週4日でいい。あとの3日は休み。これだと大分充実する。

 

一週間は7日しかないのに、そのうちの5日も労働に取られるとか冷静に考えてありえない。

ボクの場合は6日も労働に取られてる(今は無職だが)、これはもはや論外である。

 

その5日も朝から晩まで働かされる。本当に仕事以外何もできない。

仕事ばっかりしてるから、「人生は何ぞや??」「なぜ働くのか??」みたいなバカな質問が出てくるんです。

何もなぜもクソもない。すべてやらないといけないからしているだけだ。

 

 

労働時間が長いとダレる

 極端な例がボクで、週6日も働いていたら、確実にダレる。

今の仕事量なら週4日あれば十分事足りる。「週6日働かないといけない」と思うからすぐ終わる仕事も引き延ばすようになる。

1日で回れる営業先を3日くらいかけて回る。生産性??なにそれ??って感じ。

 

皆も週5日働かないといけないと思ってるから、無意識のうちに業務を引き延ばしているんじゃないか?と思う。

 

「4日で終わらさないといけない」と思ったら意外と終わるもんだと思う。どれだけ仕事量が多くても。

 

 

www.kiyo-hiko.net

 

 

仕事に対する気持ちの悪いポジティブなイメージがすべて悪い

 「仕事で成長」「自己実現」「他への貢献」「社会への貢献」

要は「仕事は素晴らしい」みたいなイメージが労働時間をさらに長くする。誰も「長く働けば余計良い」なんて言ってないのに。

 

ある程度は素晴らしい面もあるけど、それは一定の所まで。土日祝休みで残業もほとんどなし、なら仕事も素晴らしいと思えるかもしれない。

それ以上させられると素晴らしいもクソもない。「社会へ貢献」するまえに自分が潰れてしまう。自分の人生が崩壊する。

 

誰しも自分が一番大事。毎日夜遅くまで残業して土日も働いて、ボロボロになりながら「社会へ貢献するんだ!」なんて言うヤツに説得力もなにもない。

イヤ、貢献とかいいから先休め。

思考もすべて仕事に奪われて、汚い奴らの中身のないポジティブな言葉を信用しきっている。

 

これらの言葉が労働環境をさらに悪くする。仕事なんていいもんじゃねえよ。

 

 

労働時間が短くなれば、仕事以外に色んな事ができる。ストレスも発散。仕事にも精が出る。

皆仕事が嫌いなのは労働時間の長さがほとんどの原因だと思う。

週5日勤務をすぐにやめろというのは無理だと思うけど、残業地獄はどうにかしてくれ。

 

www.kiyo-hiko.net