「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

【早期退職問題】若者を採用したがる企業の不思議

就職や転職は若ければ若いほど有利と言われている。理由としては

  • 体力がある
  • 他の会社の考えに染まっていない
  • 給料を抑えられる
  • 若い子の方が覚えが早い

とかだろう。

 

しかし、すごく大きいデメリットも潜んでいる。それは

「若ければ若いほど辞める可能性が高い」

ということ。

 

f:id:kiyokiyo-1107:20180810114128j:plain

昔は就職=定年まで、というのが普通でした。だから少しでも若い方が吸収も早いし、早い分戦力になります。

 

でも今は一つの企業に定年までいる、という考えの人はごく少数なのではないでしょうか。

大企業ならまだしも中小や零細企業は若い人を入れたとしても、より良い条件の会社へ進むための踏み台にされるのがオチです。

 

だから安定している大企業が若い子を取るのはわかります。

でも中小や零細はちょっと身の程をわきまえてほしい。若い優秀な子が何十年もその会社に身を捧げると思いますか?

定年まで安心して勤められる価値のある企業だと思いますか?

 

 

辞める可能性の高い人を採用したがる不思議。

 3年経ってやっと一人前と言われています。と同時に転職も考えるころです。

 

若くで就職して中小や零細で一生懸命働いて3年が立ちました。

すると絶対上の条件目指しだしますよ。これは間違いなく。

 

せっかく3年も育ててこれからだ、という時の転職。

会社にとってこれほどのショックはありません。また採用して一から育てないといけない。コストも時間も無駄です。

 

 

で、また募集するんですが、不思議な事にまた若い人を取りたがるんです。

 

なんで!? イヤイヤ、学習してください。また辞めますよ。

 

なんで辞める確率の高い人をわざわざ取ろうとするんでしょうか。全く理解できません。

 

企業が一番イヤだと思う人材。それは「早く辞める人」なハズです。

なのに、「早く辞める」可能性が高い若い人を常に求めているんです。なんとアホなことでしょう。

 

「前職を3年以上も務めているから大丈夫だ」

なんて思うんでしょうか。非常に残念ですが、前職何年続けてても辞める人は辞めます。

 

根性のあるなしではありません。比較的転職がしやすくなってきている今の時代。

ボクみたいな半分人生諦めていて、仕事もできないダメ人間はそれなりの所で満足します。

しかし、仕事もできて優秀で常に上を目指している人は限界まで転職しますよおそらく。

 

だから中小、零細企業は長く勤める人が欲しいなら転職が厳しくなった年齢の人を採用した方がいいと思います。

 

 

「若い方が体力がある」

 

若い方が体力がある、と一般的には考えられています。確かに肉体的体力はあります。肉体労働させるなら若い人が良いですが、営業とか事務とか神経の使う仕事では若い人は非常に疲れやすく、その点では体力があるとは言えない。

 

始めての事、慣れないことばかりで、精神面の消耗が激しいのが若い子です。

本とか見てると疲れの正体は「脳のつかれ」とも言われていますし、そう考えると経験が浅い若い子は30、40代のオッサンより体力がないとも言えます。

 

 

ボクは20代をダラダラフリーターとして過ごしていて、今は29歳で営業し出して2年くらいです。

正直毎日めっちゃしんどいです。

 

ボクはええ歳ですが、歳の割には社会人経験が新入社員並みなので、こんなことになります。

70超えの先輩がいるんですが、その人の方がよっぽど元気です。ボクの3倍は働いています。

 

だから「若い方が体力がある」というのは間違いだと思います。

しかも仕事に慣れてきて、体力の消耗も少なくなってくる頃には上を目指して転職を考え始めます。もうどうにもなりません。

 

 

 

「若い子の方が覚えが早い」

 

これもどうなのかなあ。そうは言っても歳取ってから大学進学とか資格取ったりしている人もいますし、覚えに関しては「人による」と思います。

 

25歳と30歳だったらおそらく若い方を取ると思いますが、たった5歳の違いで覚えがどうのこうの脳の衰えがどうのこうの体力がどうのこうの言ってる人はもうちょっと人間の事を勉強した方がいいです。そんな単純な話ではないハズです。

 

毎日勉強したり、読書したりして脳を鍛えている人なら何歳であっても脳の衰えは少ないです。

 

ボクも30目前ですが、毎日新しい事を覚えていますし、人の顔、名前もしっかり覚えられます。TOEICも900点以上持ってますし、脳の働きに関してはそこいらの若造には負ける気がしません。

 

20代前半でも物覚えの悪い人は沢山います。

だから一概に「若い人は覚えが早い」とも言えないと思います。

 

 

まあ結局何がいけないかというと、「採用は若い人がいい」という価値観に犯されてしまっていることですね。

どいつもこいつも自分で考える頭、人を見極める目がないから、いつまで経ってもとにかく若い人を採用して、結局踏み台にされて終わるんです。

 

 

これからは人手不足が続くらしいです。

転職したいけど年齢でうまくいかない優秀な人はホントに沢山いると思います。年齢だけ見ずにしっかり人物を見て、採用をしてくださいね。