「働きたくない」という熱い想いだけは誰にも負けない

カテゴリーは工事中です。よろしくお願い致します。

第二次ミニ四駆世代の思い出

【遊戯王カードの思い出】油断は大敵

小さな敵が、大きい敵に勝つ、というケースは枚挙に暇がない。 強敵であっても、油断が生じると一気にやられることがある。 桶狭間で、当時まだ弱小だった織田信長が、めちゃくちゃ強大だった今川義元に少ない兵で勝ったのも、今川義元の油断が原因だった。 …

【公園に落ちていたエロ本の思い出】パッとしない人でも一芸に秀でればヒーローになれる

今までパッとしなかった人間がある日、ヒーローになる。そんな話は沢山存在する。 例えば、ポールポッツ。一見ただの変哲もないオッサンだが、テレビで美声を発揮したことから、携帯販売員から世界的なオペラ歌手となった。 彼が「美声」という一芸を持って…

【給食の思い出】うまい話には大きな代償がある

世の中には「うまい話」というのが溢れている。 「1日10分で月収100円!」とか言うアレだ。 こんなモンあるはずがない。 「そんなうまい儲け話があるなら、自分達がやってるはずだ」と言われるが、ホント、その通りである。 自分しか知らない儲け話を誰が教…

【ミニ四駆の思い出】ダイエットとミニ四駆の肉抜きはほどほどにしておけ

ボク達1985年~1990年生まれは『第二次ミニ四駆世代』と呼ばれることもある。 『爆走兄弟レッツ&ゴー!』を見ていた世代だ。(ちなみに第一次は『ダッシュ四駆郎』だ。何年生まれかは知らん) その世代の男子は皆、ミニ四駆をしていた。当時は勉強などそっ…

【酒のフタ回しの思い出】チートキャラは参戦しないに限る

小学生の頃、一升瓶の酒のフタをコマにして、回して遊ぶのが流行った。 遊び方は「せーのっ」で回し、一番長く回っていた者が勝ちである。 勝った者は負けた者のフタを取ることができる。地方によってはフタの上の部分だけ取り、メンコみたいにして遊んでい…

【ビーダマンの思い出】筋肉とビーダマンの改造はほどほどにしておけ

昔『ビーダマン』というオモチャが流行った。ボンバーマンみたいなフィギュアの後頭部にビー玉を入れ、背中のレバーを押して、腹から発射するオモチャだ。 コロコロコミックで漫画も連載されていて、当時はミニ四駆やハイパーヨーヨーと並んで人気のあるオモ…